イメージ画像

看護師面接のマナーと注意点

看護師の面接に行くことになったら基本的なマナーについてもチェックしておきましょう。 履歴書の内容やどういった質問をしようかということにばかり注目してしまう方もいますが、マナーが守れていないとその時点で評価が悪くなってしまいます。

まず、基本中の基本ともいえるのが清潔感のある服装で行くということ。 もちろん、髪型などにも注意が必要です。

面接では第一印象が非常に大切になります。 ここで失敗して悪いイメージを与えてしまうといくら面接の内容がよかったとしても評価を覆らせるのは難しくなってしまいますよね。

当然ながら爪を長く伸ばしていたり、マニキュアを塗るというのもNGなのでこういった細かいポイントもしっかり準備していきましょう。

髪が長い女性は後ろで1つに束ねるなどして清潔感を出していけると良いですね。

それから、面接で聞かれる質問をある程度予測し、対応を考えていくというのもポイントになります。 その場で回答を準備しようと思ってもなかなか難しいことも多いので、戸惑わないで答えられるように面接のリハーサルは行っておいた方が良いです。

最後に、面接を受ける病院の呼び方についてもチェックしておきましょう。 「貴院」という呼び方を使っている方もいるのではないでしょうか。

確かに履歴書などに記載する際には貴院で良いのですが、口頭で話す場合には「御院」と呼ぶのがマナーです。

面接の基本として、入室時にはドアをノックして開けたら一礼をして入ります。

面接の最中は相手の目を見ながらしっかりと話しましょう。 普段、あまり敬語を使い慣れていないという方も多いかと思いますが、面接の最中は敬語を使う形になるため、自分の使っている敬語が正しいのか確認しておきましょう。

転職活動する際には、このように様々なことに注意しなければなりませんが、自分の面接対策に不安を感じているということであれば転職支援サイトなども利用してみてはどうでしょうか。

様々なサポートをしてもらえます。

このページの先頭へ