イメージ画像

認定看護師になる方法

認定看護師になるためには、日本看護協会が実施している認定看護師認定審査を受験し、合格する必要があります。 合格をしたあとに登録手続きを済ませることで認定看護師として認められるのですが、この資格を持っていると専門的な知識を持っていることが認められるため、スキルアップのために資格取得を目指す人も多いようです。

認定看護師には21の分野があるので、自分が極めたいと思っている分野がある場合、認定看護師の資格取得を目指してみてはどうでしょうか。

認定看護師の資格を取得する場合は、保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を既に取得している必要があります。 これらの資格取得後、通算5年以上の実務経験があり、そのうち認定看護分野における実務経験が3年以上なければなりません。

更に、日本看護協会が認定した認定看護師教育課程を終了していることという条件も加えられるので、看護師ならば誰でも認定看護師が目指せるというわけではないのです。

まだ看護師免許を取得したばかりだという人は、実務経験を積み、認定看護師教育課程を終了させなければなりません。 認定試験自体は筆記試験のみとなっているため、まじめに勉強をしてきた人であればそれほど難しくはないでしょう。

ただ、残念ながら苦労をして認定看護師の資格を取得したとしても、苦労に見合った評価がなされるとは限りません。 注意しておかなければならないこととして、認定看護師資格は5年ごとの更新が必要な資格となっています。 そのため、一度取得したらそれでいいというわけではなく、更新審査に合格しつづける必要があるのです。

それから、認定看護師資格を持っていればその分野のスペシャリストであるということは証明されますが、資格を取得すれば必ずしも給料に手当がつくというわけでもないようです。 手当を期待して認定看護師の資格を取得するというよりも、専門的な知識を極めるために認定看護師の資格取得を目指したほうがいいかもしれません。

このページの先頭へ