イメージ画像

准看護師求人−平均的な給与について

准看護師と看護師…どちらも病気の人の看護をするということにかわりはありません。では、准看護師の給料・年収は一体どれくらいなのでしょうか。

勤務するところによって多少違いはあるでしょうが、ある調査によると准看護師の月々の給与の平均は25万円という結果があります。25万円から社会保険料、つまり年金や健康保険料が差し引かれるため、手元に残るのは20万円弱ということになるでしょうか。

通常、ボーナスが年に2回支給されるのが一般的で、2回の平均が30万円という報告があることから、年収はだいたい360万円という計算になりますね。つまり1年間の平均月給は30万円ということで、これはたとえば家族を養うことのできる収入と考えることができるでしょう。

ようやく景気が上向いてきたとはいえ、この時代に毎月30万円の収入を得られるというのはかなり恵まれているのではないでしょうか。

ただ、これはすべての准看護師にあてはまるわけではなく、あくまでも平均的な値であることをお忘れなく。同じ勤務時間でも、その地域や業務内容により月給が25万円を超える職場もあれば月給20万円に届かない職場もあります。ボーナスにしても年間で60万円以上のところもあれば、それ以下の職場も当然あるでしょう。

では、給与を含む年収をアップさせる方法はないのでしょうか?ご存知のようにたいていの場合、年に1回ぐらいは昇給があります。ただこの昇給は、その前の1年間の勤怠状況たとえば欠勤や遅刻、早退といったことや仕事に対する意欲といったことが評価の対象となるため、人によって変わってきます。

特に勤怠状況が悪いと判断されると、給与ダウンの可能性もあるので注意が必要です。いくら有給休暇があっても、風邪などの体調不良による休暇取得は、自己管理に問題有りと思われる場合もあることを忘れてはいけません。
公益社団法人 三重県看護協会

勤怠や、意欲的に仕事をしていると認められること以外で給与をアップを図る方法には、看護にかかわる資格を取ることも有効です。病院によっては資格手当の名目で給与に反映することがありますし、仮に転職を視野に入れたときにも役立つからです。

看護師が転職のために行う流れ

看護師さんは一般会社員と比較しても、転職経験が多い業種だといわれています。今勤務している職場の人間関係が良かったり、納得しているお給料を貰っているのであれば、転職する看護師さんは今よりもっと少ないかもしれません。

ですが転職をする看護師さんはいまだに多いです。現状に納得できない人以外にも、自分のスキルアップを目指し転職する人もいるでしょう。またこれから初めての転職活動を行う人もいるかもしれません。転職活動は良く考えて効率よく進めたいものです。

簡単にですが、転職を成功に導くための流れを一緒に見ていきましょう。

まずはじめに行うことは、なぜ自分が転職を行いたいのかきちんと振り返ってみることです。そしてこれからの活動プランを練り、転職の動機、今後どのような働き方を選びたいのか、診療科目は、日勤夜勤、などの希望条件も絞っていきます。

ただだらだらと転職活動を行っていくよりも、パチンとスイッチを入れる事で、転職活動を滞りなく進行させていく事が可能です。転職活動は応募から入社までに掛かる時間は一般的に3、4ヶ月だといわれています。

なるべく迅速に進めるためにも、まず最初の第一歩が重要なのです。

また、自己分析をすることも転職活動には大切になります。今まで培ってきた経験が、今後どんなことに活かせるのか…もしも自分では良く分からない場合は、周囲の人に相談し、第三者視点でのアドバイスを仰いで見るのもいいでしょう。

自分のスキルは一体なんなのか、転職後にそのスキルを活かせることはあるか、紙に書き出して見るのもいいですね。意外と新しい自分を見つけるきっかけにもなるかもしれません。この自己分析を行う事で、活躍の場を広げられる可能性は高いです。

ここまで進んだら、求人サイトなどに登録し、転職に関わるデータを集めていきましょう。看護の現場のこれからを確認するのも重要です。

次にできることは、転職の動機や自己アピールなどを簡単にまとめ、整えていくこと、応募のための書類は、サンプルをみて具体例などをチェックしながら作っていきます。書類の見直しは必ず行います。

ミスを見つけた際は修正液を利用するのではなく、もう一度一から書き直すようにして下さい。

書類を応募した後は面接が待っていますが、面接の流れを把握しておく事で安心ができます。面接マナーや、よく面接で尋ねられる項目などをチェックしていきましょう。内定が取れた後は今勤務している職場をトラブルなく退職するために、退職のマナーを確認します。

退職届の事や保健にまつわること、転職先の職場との労働契約などを理解することも重要です。退社と入社に必要なもろもろの手続きは、同時に終了できるようにするのがベストでしょう。

看護師の転職にまつわる誤解

看護師さんの中には、夏の賞与後に転職に向けての行動を起こそうと思っている人が多いようです。夏は転職の時期に良い、という噂があるとも聞きますがそれは本当のことなのか、気になりますよね。

確かに夏の賞与後は看護師さんたちの転職活動が活発化します。8月になると看護師の求人サイト、転職サイトにエントリーする看護師さんはとても多いです。ですがこの事が「本当に転職のいいタイミング」なのかどうかは微妙だと思います。

なぜなら転職活動する看護師さんが増えるということは、ライバルが大勢いる、ということにもなるからです。

可能であれば8月よりももっと以前に、看護師転職サイトなどにエントリーしてしまいましょう。エントリーが早ければそれだけ、数ヶ月咲きにまっている新しい病院やクリニックの開設の情報などもチェックできます。

時期とはまた話が違いますが、看護師さんの転職について誤解の多いエピソードを紹介させてください。それは転職先の病院は1人1社である、と思い込んでいる人が多いという話になります。

勿論新卒のときにはそのように何度も念を押されるかもしれませんが、転職を行うケースでは、いくつかの施設を同時期に受けるのは普通のことです。自分の活躍の場を増やすためにも、数社受けるのは正しいやり方でしょう。

そこから自分で希望の施設を絞って行くやり方がスタンダードだといえます。面接を受けた際に施設の雰囲気などを確認して、どこに決めるか判断するのがオススメです。

ひとつの施設しか受けないでいると、他の病院や医療施設と比較する事が出来ず、それはとてももったいないことですし、リスクも高いと考えられます。内定を持ったとしても、断ることは出来ないことではありません。

このように、看護師さんが転職先や病院を見つける時に勘違いしやすい事が、「活動の時期」「1人1社のエントリー」です。そしてもうひとつ、「相談に乗ってもらう事のリスク」ということも同様でしょうか。

転職活動をしているときは、周囲の様々な人にアドバイスを貰いたいと考えるものです。とにかく豊富な求人情報ですから、どこの施設もステキに感じたり、1人では決めかねる、といったこともあるかもしれません。

このようなケースでは周囲の人にアドバイスを貰いたい、と思うかもしれませんが、それが逆に失敗を招くこともあります。

なぜなら、アドバイスをくれる人は、あなたのすべてを把握しているわけではないからです。一般論を口にしてくれるだけですし、アドバイスをくれる人にとっては余り魅力に感じられない点も、もしかしたらあなたにとってはとても魅力的なことかもしれませんよね。

意見を貰う数が増えるとどんどん気持ちがぶれてしまうことも少なくないと思います。結局気持ちがまとまらないまま転職活動をしてしまったら、上手くいくものもいかなくなってしまうでしょう。

アドバイスを貰いたいのであれば、転職サイトなどのコンサルタントに持っていきましょう。彼らは転職のプロです。何人もの転職者を見てきた経験値が、一般の人とは違います。

客観的に施設の情報やデータを与えてくれますし、あなたの自己分析も考えながら、一番ピッタリのアドバイスをくれるでしょう。心配な人には転職希望先の見学までしてきてくれます。

とはいえ、夏などの看護師が活発に転職を行う時期は、コンサルタントも忙しい季節だと思っていいでしょう。秋ごろの転職を希望するのであれば、夏よりももっと前から転職サイトにエントリーをし、最新の転職情報を手に入れるのがオススメです。

このページの先頭へ